芦屋のクラシック音楽コンサートホール

兵庫県芦屋市東芦屋町3-9
TEL:0797-55-0730

イベント情報

2015年04月

2015.04.21

霜浦陽子&ニコラ・デルタイユ デュオ・リサイタル

 2015年4月21日 (火)

霜浦陽子&ニコラ・デルタイユ デュオ・リサイタル
4月19日(日)午後2時から催した霜浦陽子とニコラ・デルタイユとのデュオ・リサイタルは今回のニコラ来日の主イベントだったので特別に記したい。
プログラムを見ただけで了解できるように多くの人が知っている最初のフォーレ:「夢のあとに」を除いては、どれもあまり一般に知られていない曲のようである。だからこそ今回のリサイタルに意義があったのに違いない。
 
筆者もれらの曲には馴染みが薄く正直にいってどこまで味わい切れたか疑問だが、曲の地平を広げられたことに感謝したい。また絵画のたとえになるが、よく見慣れた印象派のモネの「睡蓮」やゴッホの「ひまわり」の目には現代の抽象画がいささか解り難いのと一緒で、聞きなれたショパンやモーツァルトの耳には少し味わいが違った。
筆者は音楽においてもどちらかというとドイツロマン派よりもフランス印象派好みだから、十分味わい切れないまでも今回のプログラムは面白かった。
プーランク:ソナタ  フランシス・プーランク(1899~1963)はフランス音楽の大家の一人で、音楽(ピアノ)ばかりでなく文学に対する感受性にも富み、バレー音楽にも秀でている。第一次世界大戦で兵役に服した経験もあり、フランス的機知に富んでいる。曲から受けた印象は粘っこくなく、淡泊で爽やかっだ。
マルティヌー:ロッシーニの主題による変奏曲  ボフスラフ・マルティヌー(1890~1959)はチェコの作曲家でプラハ音楽院卒。パリやニューヨークでも学び、48年には再渡米してアメリカ市民権を得ている。作風は全体として新古典主義的で個々の作品にはチェコの民族性、印象主義、ジャズの影響が大きいという。曲から受けた印象もたしかにその通りに思えた。
ピアソラ:ル・グラン・タンゴ  アストル・ピアソラ(1921~1992)はアルゼンチン生まれで、幼少時代をニューヨークで過ごす。アルゼンチン・タンゴ前衛派の旗頭。タンゴにクラシックとジャズの要素を融合させた。よく聴く「リベル・タンゴ」とは趣を異にするもっと乾いた曲の印象だった。
アンコール曲にはラフマニノフ:ヴォカリーズ、サン=サーンス:白鳥が演奏された。いずれもチェロにもっともにつかわしい曲だった。チェロの印象は別途記した通り。そのチェロ演奏にアクセントをつけるピアノもおそらく難しいものだろうに、さすが霜浦陽子、あっぱれな演奏だった。
 
 
 

2015.04.13

The Spring Joint Recital (2015.04.12)

2015年4月13日 (月)

The Spring Joint Recital (2015.04.12)
やっと春らしくなった今日、Salon Classicでは春のジョイントリサイタルが行われた。この多彩な顔ぶれをご覧あれ。一同、春の装いをして華やかに楽しさ一杯。声楽に管弦楽器、ピアノとバラヤティに富んでいた。
十合翔子(メゾソプラノ)和田悠加(ピアノ伴奏)
艶があり伸びのある声量豊かな低音の魅力、ドボルジャークの「我が母の教え給えし歌」、サン=サーンスの「あなたの声に私の心は花開く」(サムソンとデリラより)。     ピアノソロとしてラフマニノフの「楽興の時4番」。
木管五重奏: 喜 紗矢美(ファゴット)、陶器 香帆(フルート)、樋口 成香(オーボエ)、北尾 祐子(ホルン)、菅原 瑞紀(クラリネット)
珍しい木管五重奏、ファゴットやホルンが入ると音に高低幅ができて楽しい。可愛い響きの音、おどけのおもしろさが漂う音、都会的なアンニュイを感じさせる音など普段聞けない音を堪能した。
 
大橋 俊介(ピアノ)
ショパンの「ノクターン第2番Op.9-2」と「バラード第1番Op.23」ショパンの曲を聴くとまたもや脳が洗われ心が洗浄される。
藤森 友香(フルート) 丹野 桃子(ピアノ)
尾高 尚忠のフルート協奏曲Op.30B 第1楽章、 A.ピアソラのタンゴの歴史 ナイトクラブ1960 フルートで何かお話しをしているような小気味よいテンポで進み、最後……だったのよね」で終わったような気がした。聴いているうちにエドワール・マネの「笛吹く少年」が脳裏に浮かんだ。
増田 佳子(ヴィオラ) 中川 裕美子(ピアノ)
R.シューマンの歌曲集「ミルテの花」より献呈 Op.25-1 同じくR.シューマンのアダージョとアレグロOp.70(ヴィオラとピアノ) ヴィオラとピアノが上手く溶け合って、夢見るような優しく柔和な曲。増田さんによる簡潔な話がよかった。
ニコラ・デルタイユ(チェロ)
今日のチェロは1706年物。チェロの腹を覗くとその年数が見えた。弓を弾くニコラも素晴らしいが楽器も素晴らしい。曲はJ.S.バッハのチェロ組曲第三番ハ長調BWV1009 ほかだった。チェロの床を這うような重厚な低音の魅力。音は低いが精神は高らかで神の存在を想わせる。そんな深遠な形而上の世界へと誘ってくれた。
To top