芦屋のクラシック音楽コンサートホール

兵庫県芦屋市東芦屋町3-9
TEL:0797-55-0730

イベント情報

2013年10月

2013.10.12

抽象画「柔らかい鉱石」

  2013年10月12日 (土)

抽象画「柔らかい鉱石」
音楽を聴いてその印象を絵にする、そんな冒険を今回もやってみた。
昨年(2012年)12月8日、パリ国立高等音楽院の教授でフランス政府から文化勲章を贈られたイヴ・アンリ教授の「ワルツ」(ショパンからドビュッシー、ラヴェルへ)というレクチャー・リサイタルを聴いて、その繊細でダイナミック、かつ甘みのある賑やかな演奏にいたく感激した筆者は、それを絵にしたいと強く思ったからだ。
クラシック音楽はそもそも抽象的なものだから、絵も抽象画にしようとまでは簡単に思いついたが、その具体的着想については悩みに悩んだ。たとえば「月光」を聴いて闇夜に煌々と照る月を描いたり、海に「喜びの島」を描いたりしてみたが、リサイタル全体の恍惚感を出せるような代物ではなかった。
 音楽と絵画の類似性を指摘した画家にワリシー・カンディンスキーとポール・クレーの二人がいる。この二人の作品は今回大いに役立ったが、それらを真似するわけにはいかない。
 何かほかに参考にするものはないかと思案に暮れながら九月のある日、横浜の高島屋デパートをうろついていると、ガラス工芸家の黒木国昭氏の個展に出会った。覗いてみると、琥珀色にコバルトブルーの、非対称形をした円筒形の花器や切子が展示されており、その形や色の美しさに魅了されると同時に、その工程で溶解したドロドロのガラス、その中に浮き立つ朱や金の色模様、そんな写真に大きなヒントを得た。
その帰り道、立ち寄った本屋で立ち見した雑誌に今度は触発された。今月号の「芸術新潮」に真夜中に提灯をかざして富士山山頂を目指してねり歩く何千人もの人のうねりの行列写真が目に入った。手前から遙か向こうの先端にまで暗闇の中をくねくねと光るうねりの赤白い光がおもしろかった。さらに、ある写真雑誌を見るとロシアの新体操選手、エフゲニヤ・カナエワの写真が目を引いた。そのダイナミックな身の動き、スピード感、流麗感に「これだ」と手応えを感じた。身を仰け反り四肢を自由に前後左右に伸ばしたり、背中に赤球を背負いつつカニのような姿になったり、一方の足を水平に片足で立ち、両腕で高く挟んだ白球を見上げている姿などどれも絵になる美しさだった。
花器、切子、溶解ガラス、光のうねり行列、新体操の形、色、動き、これらを総合して下絵を描いた。
 絵は構図と色彩と動きで決まる。そのため構図は、新体操のエフゲニヤ・カナエワの妙技で固め、最も躍動感のある、身を仰け反り四肢を大きく伸ばした姿を中心に、その周りにいくつかの別の体操光景を配した。次は色彩。リサイタルの強弱微妙な音色をどのように演出するか。ガラス工芸の工程で見たあの艶々とした乳白色に浮く朱色、続いて鉱石のオパールや貝の中のパールが浮かび、「柔らかい鉱石」という妙な言葉が浮かんだ。固いと思い込んでいる鉱石に「柔らかい」という形容詞をつけると、途端にドロドロしたいろんな色が浮かび上がった。クリスタル、サファイア、翡翠等々の色が次々と脳裏をかすめた。その色で四肢や背景を塗りつぶして行くと、図らずも絵に動きが出た。新体操で用いる、ぐるぐる巻きの赤や青のテープがおもしろい動きを醸しだした。
絵から何やら音楽らしきものが聞こえてきた。幻想曲だろうか。ついにリサイタルの心象風景が描けた。しかし何か欠如している。それは何か。ガラス工程で見たあのキラキラ感である。考えた挙句、金色と銀色の絵具を買うことにした。大した費用ではない。それらを用いると断然ピカピカ光るアクセントになった。これこそ音楽の艶だ。
To top