芦屋のクラシック音楽コンサートホール

  • 兵庫県芦屋市東芦屋町3-9
    TEL:0797-55-0730

イベント情報

2022.04.08

22.04.24 Springtime Joint Recital

 

22.04.24  開演14:00(開場13:30)

  客演: 木野雅之氏 (日本フィルハーモニー交響楽団ソロコンサートマスター)

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

チケット 3,000円
Salon Classic Facebookページ

2022.03.27

22.03.27名曲を語るシリーズVol.7

 去る3月27日(日)Salon Classicでは音楽評論家の白石知雄先生によるレクチャーコンサート、「名曲を語る」シリーズVol7があった。当日は大阪音楽大学教授でピアニストの土井緑さんが「ショパンのピアノ協奏曲第1番 ホ短調Op.11 第2楽章を演奏され、白石先生が「協奏曲の由来と現状」「オペラとコンチェルト」「ピアニストたちの挑戦」などを、映像を見ながら解説された。

音楽学の「学」に弱い私に「協奏曲」の解説はいい勉強になったが、高齢になり耳が遠くなったためどこまで正確に理解できたかはいささか不安。私は従来からこの「コンチェルト」なる言葉に二重の意味で惑わされてきた。一つはラテン語のconcertareは「闘争する」なのにイタリア語のconcertareは「調和する」で、綴りは同じでも意味が全く逆なこと、二つ目は日本語で「競奏曲」もあれば「協奏曲」もある。字は違うが響きは同じだからややこしい。これが今回の解説でクリアになり、現在は、ピアノなどの独奏楽器がオーケストラの伴奏をバックにして、1:nで競うように華やかに演奏することだと理解できた。

 

日時: 2022年3月27日(日)開演14:00

場所: Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

曲目: 鍵盤上のアリア ショパンのピアノ協奏曲第1番 土井緑

チケット:一般3,000円 学生1,500円

チケット申し込み:

2022.03.12

22.03.12 Springtime Joint Recital

 

 うららかな春の日差しの到来とともにSalon Classicは昨日(3/12)こけら落しから11年目を迎えた。こけら落しがあの東日本大震災日の翌日だったから忘れようがない。それを記念してサロンでジョイントリサイタルを開いた。

 客演には彼の少年時代から知っている若手演奏家の内藤晃君。ピアニストであるとともに指揮者であり、文学を愛する好漢だ。その語り口や演奏はいかにも彼らしく優しくてソフト、今日のシューマンの演奏もそうだった。私にとって印象的なのは彼の演奏時のジェスチャー、体が前後左右、上下に揺れ、肩が怒り、また戻る。口を大きく開けたりすぼめたり、彼はピアノの前でタクトを振っているのに違いない。
 今日の全演奏のコメントはできないが、一番印象的だったのはプーランクのヴァイオリン・ソナタ、ガルシア・ロルカの思い出。聴いている中に自然と脳裏に浮かび上がってきたのは果物の「オレンジ」。演奏が非常に情熱的でオレンジ色に輝いていたからだ。ちょっと調べてみるとロルカはスペインアンダルシア地方の詩人、ジプシーを詠んだ詩が多い。なるほど道理で情熱的なのだ。
 今日の11年目を記念して私の新作、40号の油彩をホールに飾った。題は「スペース」。コロナ期間を利用して描いた「太陽コロナ」のようなもの。演奏家の皆さんに天上の歌を響かせてもらえたらありがたい。

日時 2022.03.12(土) 開演16:00(開場15:40)

場所 Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9 2F

出演者 客演 内藤晃(ピアニスト)その他大勢

チケット 3,000円

チケットお申込みはこちら

2022.03.05

2022.03.05 まるごと猫ふんじゃったコンサート

 寒い2月が終わり3月と聞くだけで心が和んでくる今日、美貌の松田真樹さんと元宝ジェンヌで元参議院議員の但馬久美さんがSalon Classicでコンサートを開かれました。

 一風変わったコンサートで、その名を「ネコ踏んじゃったコンサート」といいます。この「ネコ踏んじゃったのメロディ」は世界中、どこに行っても知らない人はいないという。その曲を今日は大作曲にアレンジしてもらい、松田さんが演奏するという嗜好。

 さぁ、松田さんがどんな風に弾かれたか、一つ茶化して書きましょう。

バッハが「バッハハ」というとモーツアルトが「モー」という。ベートーヴェンが「ヴェンヴェン」と重々しくいうと詩人のショパンが華麗に「ショパーン」と返す。リストが「ネコ踏んじゃったよ、リ、リ、リ、」と熱烈にいうと卒倒するように聴衆から拍手がわく。ドビュッシーが「ドブネコ、ドブネコ」と絵を見ているように印象的に語ると、20世紀のラフマニノフがドラマチックに強弱をつけ、「ネコラフ、ネネネ、ラフネコ、ラ、ラ、ラ」とビートを効かすとブラボーの声がこだまし拍手が起こりました。彼はロシア人ですけど...。

 長年舞台を踏んでこられた但馬さんはさすが違います。元男役は姿勢が違います。自分の半生を情感込めて朗読し、「ダンスに夢中になったように私はどこにいてもそこで最善を尽くすの」と云いながらすみれの花咲く大階段でベルサイユ風にネコ踏んじゃいました。

 

 

2022年3月5日(土)第1公演 12:00(開場11:30)

            第2公演 15:00(開場14:30)

Salon Classic 2F 芦屋市東芦屋町3-9

チケット 一般 5,000円 (高校生以下3,500円)

チケットお申込みはこちら

/offer/event/

2022.02.13

2022.02.13 藤森亮一の世界(第3回)

2022.02.13 チェリスト藤森亮一の世界(第3回)

今日の藤森、横山両氏の演奏を聴いての感動が消えないうちに急いで書かなければならない。今日の演奏のうち一番印象に残ったのはフランクのヴィオリンソナタ。この曲の静穏な出だしと壁に掛かった拙画「異星人」を見るのが偶々同時だった。繰り返し聞こえる暗くてゆっったりした神秘的な出だしがこの異星人の夜のしじまを眺める姿に重なった。深夜、砂丘に立って胸を反らしながら照る月に向かって低く吼える異星人、この光景がこの曲の出だしの雰囲気に思えた。異星人のチェロ語とピアノ語が美しいハーモニーを醸しながら静寂の夜のしじまにどこまでも響いて行く。非常に情熱的な力強いところもあれば、内面的で幻想的なところもあった。最後にこぞって白、青、赤のペアが歌い上げる朗々とした清純な美しさは異星人ならではの佇まいで完全に魅了された。

 

     (NHK交響楽団首席チェリスト)

日時: 2022年2月13日(日)開演 14:00

場所: Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

曲目: J.S.バッハ: チェロソナタ 第2番 BWV1028

    シューベルト: アルベジオーネ・ソナタ イ短調 D821

    フランク: ヴァイオリンソナタ イ長調(チェロ版)

チケット: 5,000円 

イベントお申込み

【J.S. バッハ:チェロ・ソナタ 第2番 ニ長調 BWV1028】 
 J.Sバッハのチェロ曲と言えば、無伴奏チェロ組曲が有名ですが、今回、コンサートで演奏されるチェロソナタは、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタが原曲です。
 19世紀末以来の古楽復興運動により復活を遂げ、今日でも、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロの演奏が行われます。J.Sバッハの作品は、これまでも様々な楽器に編曲され、耳にすることも多いですが、ぜひ300年も前に書かれた作品をチェロとピアノの調べでお楽しみください。
このホームページのイベント情報アーカイブ2009.8月をご参照ください。
「チェロのために書かれなかったチェロ名曲集」②
【 シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ D.821】
 F.シューベルトがアルペジョーネに惚れ込み、この楽器のために書かれた作品です。外見はバロック時代のヴィオラ・ダ・ガンバに似て、フレットを持っています。
 シューベルトの死後、忘れ去られた楽器となっていましたが、近年、アルペジョーネによる演奏も度々行われています。
また、ピアノとチェロ、コントラバスによる演奏も多いですが、管楽器の編曲による演奏でも親しまれています。
Salon Classicでも、よく演奏されているベルギーのチェリスト・ニコラ・デルタイユ氏も、この曲には思い入れがあり、アルペジョーネで演奏しています。
アルペジョーネが、どのような音色か動画をほんの少しだけ、載せておきますのでご興味のある方は、ご視聴ください。
【 フランク : ヴァイオリン・ソナタ イ長調 FWV 8 (チェロ版)】
ベルギーの作曲家・オルガニスト、セザール・フランクが作曲したヴァイオリンとピアノのためのソナタ。
同郷の後輩であるヴァイオリニスト、ウジェーヌ・イザイに結婚祝いとして作曲され献呈された。
フランス系のヴァイオリンソナタの最高傑作といわれ、様々な演奏家たちからのニーズによって、ピアノ独奏用、フルート、チェロなどに編曲され頻繁に演奏されている。
あなた、Yuika Watanabe
シェア1件
いいね!
コメントする
シェア
ヴィオラ・ダ・ガンバ
チェンバロ

;:;;;;;;;;;;;;;;;;;

2021.12.26

21.12.26ベートーヴェンチェロソナタ全曲演奏会

コロナで明け暮れたこの一年、年末に第九の音も聞こえてこない冴えない一年だった。しかし昨日打ち上げられた次世代天体望遠鏡で135億年前の、ビッグ・バンの光が今見られる可能性が出てきたという科学ニュースに明るさを覚えた。そんな興奮の覚めやらぬ中、Salon Classic では今年最後のリサイタルがあった。チェリスト海野幹雄とピアニスト宮下朋樹のベートーヴェンチェロソナタ全曲演奏会だ。

わずかな休憩はあったが、第1番から第5番まで2時間半ほど弾き放し、そのすべてを海野は一切譜面見ずに暗譜で無念無想の表情で弾く。もちろん左手の指は細かく激しく上下し、右腕は大きく左右に動いている。その無念無想の後ろで一生懸命にピアノを弾く宮下、絶妙のコンビが生み出す音楽美に私は完全に圧倒された。二人とも気高い。第3番の出だしの音は今も耳に残っている。このような曲想を描くベートーヴェンの感性はどうなっているのだろう。天文学者の頭脳も分からないが、芸術家の感性も分からない。しかし昨日、今日はこれらの天才に心が打たれた。

コロナのせいで観客は多くなかったが、今回特筆したいのは一番前の席でおとなしく聞いていた三才の坊やだ。ママの横でどんな気持ちで聞いていたのだろうか。 

21.12.26 ベートーヴェンチェロソナタ全曲演奏会

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

演奏者 海野幹雄(チェロ)&宮下朋樹(ピアノ)

チケット申し込みはこちら

2021.12.23

21.12.23 佐藤美都子(Vn)&秦はるひ(Pf)クリスマス・コンサート

クリスマスイヴの前夜、楽しかるべきこの季節にオミクロンが出現、戦々恐々の日々。しかしサロン・クラシックでは昨夜大人の雰囲気の中で音楽の世界巡りをした。奏者は私と世代が近く、たおやかでまるやか、音楽はやはりズームでなく空気丸ごと漂うホールで味わうものとあらためて感じた。

曲はオミツクロイ。一人の奏者がバイオリン語、もう一人はピアノ語、二人一緒に、あるいは一人一人で、その言語であちこちの国に誘ってくれた。バイオリン語で訪れたバッハ国の枯淡の味が良かったし、ピアノ語で訪れたショパン国の感傷的な気分もよかった。多くの国は今までに何回も行ったが、一度に巡ってみるとどの国も独特の味、哀愁、喜び、晴れやかがあり、味わいも一入、今回はグルック国の精霊たちの踊りに特に魅せられた。 

佐藤美都子(ヴァイオリン)& 秦はるひ(ピアノ)クリスマス・コンサート

Salon Classic(芦屋市東芦屋町3-9)

チケット 一般4,000円、学生3,000円

イベントお申込みはこちら

           

2021.12.04

21.12.04(土)サクソフォンとピアノのデュオ・リサイタル

師走入りして初めてのSalon Classicでのコンサート、山田美和(サクソフォン)と天野圭子(ピアノ)のデュオリサイタルが大変よかった。コロナのせいもあってか何となく侘しい年末をサクソフォンの甘怠い音色が癒してくれた。このサクソフォンの都会的でアンニュイ(物憂げな、けだるい)な感じが私は元々好きだ。どこかシャンソンの枯れ葉を思わす風情もあった。今日、あらためて感じたことだが、管楽器は人間の息の延長のようで、手で操る楽器よりももっと身近で人間臭く感じた。とくにサクソフォンはその感が強い。また今日の曲の多くは1930年前後生まれの、私とあまり変わらない世代の作品だけにヨーロッパ中心とはいえ雰囲気的に近親感を覚えた。

 

 

 山田美和(サクソフォン)& 天野圭子(ピアノ)デュオ・リサイタル

2021.12.04(土)開演14:30(開場14:00)

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

チケット 3,000円

イベントお申込み

2021.11.15

21.11.15~17木野雅之教授の室内楽ワークショップ

 

著名なアーティスト、木野雅之教授の室内楽ワークショップ

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

期間: 21年11月15日(月)、16(火)、17(水)

なお、11月16日(火)17:00開演の演奏会(客演:木野雅之教授)への

出演希望者も受付中。(ただし限定5名先着順)

申込みはこちら

2021.11.01

2021.11.01 霜浦陽子&板谷真以子デュオ・リサイタル

今回、このリサイタルを通じて初めて知り合ったお二人というが、ここに名コンビが誕生したと宣言したい。

ピタッと息の合った国際派二人の表情、その奏で出す本物の調べに観客が完全に魅了された。その息を呑む様子がこちらまで伝わってきた。胸に迫る以上にお腹に応える重みがあった。テレマンの無伴奏ヴァイオリン演奏は18世紀のバロック時代をそのまま映す重厚感があって私にはバッハよりも好もしく思えた。今日のヴァイオリンやピアノ演奏を聴いて私は単なる響きの美しさだけでなく、曲がもつ曲想の奥をうがって聴いていた。アンコールで弾かれたシューベルトのアヴェマリアには神々しさがみなぎりまさに祈る気分になった。

 

  

霜浦陽子(ピアノ)&板谷真以子(ヴァイオリン)デュオ・リサイタル

2021年11月1日(月) 開演18:30(開場18:00)

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

チケット 3,000円

イベントお申込み

To top