芦屋のクラシック音楽コンサートホール

兵庫県芦屋市東芦屋町3-9
TEL:0797-55-0730

イベント情報

2022.01.09

2022.03.05 まるごと猫ふんじゃったコンサート

 

2022年3月5日(土)第1公演 12:00(開場11:30)

            第2公演 15:00(開場14:30)

Salon Classic 2F 芦屋市東芦屋町3-9

チケット 一般 5,000円 (高校生以下3,500円)

チケットお申込みはこちら

/offer/event/

2021.11.02

2022.02.13 藤森亮一の世界(第3回)

2022.02.13 チェリスト藤森亮一の世界(第3回)

     (NHK交響楽団首席チェリスト)

日時: 2022年2月13日(日)開演 14:00

場所: Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

曲目: J.S.バッハ: チェロソナタ 第2番 BWV1028

    シューベルト: アルベジオーネ・ソナタ イ短調 D821

    フランク: ヴァイオリンソナタ イ長調(チェロ版)

チケット: 5,000円 

イベントお申込み

;:;;;;;;;;;;;;;;;;;

2021.11.01

21.12.26ベートーヴェンチェロソナタ全曲演奏会

コロナで明け暮れたこの一年、年末に第九の音も聞こえてこない冴えない一年だった。しかし昨日打ち上げられた次世代天体望遠鏡で135億年前の、ビッグ・バンの光が今見られる可能性が出てきたという科学ニュースに明るさを覚えた。そんな興奮の覚めやらぬ中、Salon Classic では今年最後のリサイタルがあった。チェリスト海野幹雄とピアニスト宮下朋樹のベートーヴェンチェロソナタ全曲演奏会だ。

わずかな休憩はあったが、第1番から第5番まで2時間半ほど弾き放し、そのすべてを海野は一切譜面見ずに暗譜で無念無想の表情で弾く。もちろん左手の指は細かく激しく上下し、右腕は大きく左右に動いている。その無念無想の後ろで一生懸命にピアノを弾く宮下、絶妙のコンビが生み出す音楽美に私は完全に圧倒された。二人とも気高い。第3番の出だしの音は今も耳に残っている。このような曲想を描くベートーヴェンの感性はどうなっているのだろう。天文学者の頭脳も分からないが、芸術家の感性も分からない。しかし昨日、今日はこれらの天才に心が打たれた。

コロナのせいで観客は多くなかったが、今回特筆したいのは一番前の席でおとなしく聞いていた三才の坊やだ。ママの横でどんな気持ちで聞いていたのだろうか。 

21.12.26 ベートーヴェンチェロソナタ全曲演奏会

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

演奏者 海野幹雄(チェロ)&宮下朋樹(ピアノ)

チケット申し込みはこちら

2021.11.01

21.12.23 佐藤美都子(Vn)&秦はるひ(Pf)クリスマス・コンサート

クリスマスイヴの前夜、楽しかるべきこの季節にオミクロンが出現、戦々恐々の日々。しかしサロン・クラシックでは昨夜大人の雰囲気の中で音楽の世界巡りをした。奏者は私と世代が近く、たおやかでまるやか、音楽はやはりズームでなく空気丸ごと漂うホールで味わうものとあらためて感じた。

曲はオミツクロイ。一人の奏者がバイオリン語、もう一人はピアノ語、二人一緒に、あるいは一人一人で、その言語であちこちの国に誘ってくれた。バイオリン語で訪れたバッハ国の枯淡の味が良かったし、ピアノ語で訪れたショパン国の感傷的な気分もよかった。多くの国は今までに何回も行ったが、一度に巡ってみるとどの国も独特の味、哀愁、喜び、晴れやかがあり、味わいも一入、今回はグルック国の精霊たちの踊りに特に魅せられた。 

佐藤美都子(ヴァイオリン)& 秦はるひ(ピアノ)クリスマス・コンサート

Salon Classic(芦屋市東芦屋町3-9)

チケット 一般4,000円、学生3,000円

イベントお申込みはこちら

           

2021.10.31

21.12.04(土)サクソフォンとピアノのデュオ・リサイタル

師走入りして初めてのSalon Classicでのコンサート、山田美和(サクソフォン)と天野圭子(ピアノ)のデュオリサイタルが大変よかった。コロナのせいもあってか何となく侘しい年末をサクソフォンの甘怠い音色が癒してくれた。このサクソフォンの都会的でアンニュイ(物憂げな、けだるい)な感じが私は元々好きだ。どこかシャンソンの枯れ葉を思わす風情もあった。今日、あらためて感じたことだが、管楽器は人間の息の延長のようで、手で操る楽器よりももっと身近で人間臭く感じた。とくにサクソフォンはその感が強い。また今日の曲の多くは1930年前後生まれの、私とあまり変わらない世代の作品だけにヨーロッパ中心とはいえ雰囲気的に近親感を覚えた。

 

 

 山田美和(サクソフォン)& 天野圭子(ピアノ)デュオ・リサイタル

2021.12.04(土)開演14:30(開場14:00)

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

チケット 3,000円

イベントお申込み

2021.10.30

21.11.15~17木野雅之教授の室内楽ワークショップ

 

著名なアーティスト、木野雅之教授の室内楽ワークショップ

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

期間: 21年11月15日(月)、16(火)、17(水)

なお、11月16日(火)17:00開演の演奏会(客演:木野雅之教授)への

出演希望者も受付中。(ただし限定5名先着順)

申込みはこちら

2021.09.25

2021.11.01 霜浦陽子&板谷真以子デュオ・リサイタル

今回、このリサイタルを通じて初めて知り合ったお二人というが、ここに名コンビが誕生したと宣言したい。

ピタッと息の合った国際派二人の表情、その奏で出す本物の調べに観客が完全に魅了された。その息を呑む様子がこちらまで伝わってきた。胸に迫る以上にお腹に応える重みがあった。テレマンの無伴奏ヴァイオリン演奏は18世紀のバロック時代をそのまま映す重厚感があって私にはバッハよりも好もしく思えた。今日のヴァイオリンやピアノ演奏を聴いて私は単なる響きの美しさだけでなく、曲がもつ曲想の奥をうがって聴いていた。アンコールで弾かれたシューベルトのアヴェマリアには神々しさがみなぎりまさに祈る気分になった。

 

  

霜浦陽子(ピアノ)&板谷真以子(ヴァイオリン)デュオ・リサイタル

2021年11月1日(月) 開演18:30(開場18:00)

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

チケット 3,000円

イベントお申込み

2021.09.24

チェリスト藤森亮一の世界

N響の首席チェリスト、藤森亮一がピアニスト横山美里とともに追い求めるチェロとピアノの美の新境地、その第2回目の演奏会が今日Salon Classicであった。

三か月前にあった第1回目の時の印象を私は能や狂言を観る思いがしたと表現した。この延長線上で考えると今回もさぞかし風変りな曲であろうとの予感はしたが、はたしてその通りとなった。

シューマンの5つの民謡風の小品、ブラームスのチェロソナタ第1番と第2番、これらはどういう曲なのだろうか。後で思い出すためにもそのイメージを固めて置きたいのだが何も浮かんでこない。

困ったと思った瞬間に湧いてきたのが画家ジョルジュ・ブラックの作品だった。ブラックは茶や黒を基調にした無機質な画風で、その絵にはどこか空虚感や寂寥感が漂っている。そうだ、藤森亮一の美の新境地とはきっとこの空虚美、寂寥美なのだと悟った。

  N響の首席チェリスト、藤森亮一がピアニスト横山美里とともに

チェリスト藤森亮一の世界   ピアノ横山美里

2021年10月16日(土)開演14:00(開場13:30)

Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9

プログラム シューマン: 五つの民謡風の小品Op.120

      ブラームス: チェロソナタ 第1番 ホ短調 Op.38

      ブラームス: チェロソナタ 第2番 ヘ長調 Op.99

2021.09.24

2021.09.24 < The Autumn Joint Recital >

 

The Autumn Joint Recital  客演: 安田英主(ピアノ)

2021年9月24日(金)第1部13:00開演、第2部15:30開演、第3部18:30開演(各15分前開場)
横浜市戸塚区民文化センター さくらプラザホール
出演者 第1部 山根梨央 阿部満里奈 長濱瑠美 村田真理 子田桂里奈 服部真紀子
    第2部 山口明子 横山秀子 笠松規子 猪俣恵 中山三千代 須江太郎 山口惠子
    第3部 村中礼菜 佐伯水美 安田英主
チケット 2,500円
お問合せ/お申込み The Music Center Japan  tel 0797-55-0730  email: info@tmcj.co.jp
または 「申込・問合せ」からお申込み下さい。
  HP: www.tmcj.co.jp 及び出演者   

2021.09.05

2021.09.05 < 安田英主ピアノ・リサイタル >

 

昨日(9/5)、Salon Classicでの安田英主のピアノ・リサイタルは独特だった。普段聴くショパンなどの曲が見慣れた顔だとすると今日のは私には初顔が多かった。それだけに好奇心が湧いた。パルグレン、シャミナード、南養二郎、ゴドフスキーらである。例えばゴドフスキーの「ジャワ組曲」は「夜明けのプロモ火山と砂の海」「影絵人形劇」「ソロの宮廷行列」などと極めてエキゾチックなジャワのイメージを喚起してくれるではないか。小柄な安田だが、その打ち下ろす指の力は非常にダイナミックで、ニューヨーク・スタインウエィが悲鳴を上げるのではないかと心配したが、どうしてどうして逆にそれに応えて喜ばし気に唸り出したのには驚いた。左右の指が別人のように独立して響いたのがおもしろかった。

   

安田英主ピアノリサイタル
   2021.9.5(日)開演16:00(開場15:45)
   Salon Classic 芦屋市東芦屋町3-9 2F
   プログラム: サティー、サン=サンサースなど
   チケット: 3,500円
   お問合せ/お申込み: The Music Center Japan  ℡0797-55-0730
                                           または 「申込・問合せ」からお申込み下さい。
                                           email  info@tmcj.co.jp 

                                           HP   www.tmcj.co.jp 

カテゴリーリスト

To top